秋桜だより

デジカメ片手に四季折々を・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

淡島神社の流し雛

3月3日は女の子の日

毎年、3月3日に行われる神奈川県芦名の 『淡島神社の流し雛』 に行って来ました。
”横須賀風物百選 ” に選ばれています。



今日は 真冬並みの寒さで、
流し雛が流されるまでの時間が。。。きつかった~~~

淡島様


「 淡島神社の祭礼 」 ・・・立て看板がありました。。。下記は、その 全文 です。


「あわせてください淡島様よ、お礼参りは二人づれ」と底抜け柄杓(ひしゃく)に麻を結んで、
奉納する祭礼は、桃の節句の三月三日に行われます。
この地方の祭の始まりです。
 現在、市内で行われている祭りのうちでも、最も古くからの民間信仰を、よく伝えている行事の一つで、
民俗資料としても貴重な存在です。
この神社の創建年代は不明ですが、
恐らく隣接する、十二所神社と同じころの、平安後期ではないかといわれています。
 祭神は少彦名命で、体は小さく敏しょうで、忍耐力に優れ、大国主命と協力して、国土の経営にあたり、
人々や家畜のために医薬や、まじないを行った神として、あがめられています。
 当社の淡島明神は、和歌山市の加太神社の、み魂を、ここに迎えて祭ったものです。
淡島明神は天照大神の妹で、住吉明神の、きさきとなった神でしたが、「こしけ」の病気があるために、
離縁となり、綾の巻物と神楽の太鼓を、天の岩船に積み込んで、紀州の淡島(粟島)に流されました。
 その地で、女であるがために腰の痛みの苦悩から、人々を救うことを誓って、神になりました。
 底抜け柄杓に麻を結んで、奉納するしきたりは、病の救済信仰によるもので、
それが、安産、縁結び信仰に結びついたものといえます


                         



芦名港全景 & 式典会場

※ 画像2枚  マウスオン で、ご覧下さい





曇っていましたが・・・海はキラキラ光っていました。

※ 画像 2枚  マウスオン にてご覧下さい。 





やっと・・・始まる様です。 入場



あれぇ~~? 見た事有る顔が・・・
やっぱり・・・横須賀代表の顔・・・毎年 参加です。
小泉進次郎議員



船に乗り込む
船に乗り込む



この方は毎年、この役です。。。寒いのにご苦労様!
これらのお人形は、地元住民から集められたものらしい!
流し雛



黄色の洋服を着た人は、神奈川新聞社の人
明日の神奈川新聞の一面は、流し雛かな?
流し雛を 糸で付けている作業


湾内を2~3周して、
巫女さんが、雛型の紙人形の張ってある色紙を海に 投げながら船が進みます。

沖の方の 流し雛

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/03/03(木) 23:40:27|
  2. お出掛け
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:36

プロフィール

コスモス

Author:コスモス
神奈川県
お花が好きな主婦です。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blogリンクリスト

カテゴリ

ダイヤモンド富士 (36)
カワセミ (2)
庭の花 (49)
未分類 (32)
植物 (73)
お出掛け (62)
日々の事 (7)
動物・昆虫・鳥類 (24)
景色 ・ 風景 (20)
手作り (5)
散策 (10)
料理 (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

pictlayer

検索フォーム

最新トラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。